« 睡眠時無呼吸症候群のタイプ | トップページ | 体重差2 »

3月検診

CPAPはレンタルで、医師の診断がなければ借りれないことになっています。そのCPAPを継続使用するための診断です。医師や看護士のやり取りから、CPAPは「シーパップ」と発音するみたいです。そのシーパップの1ケ月分のデータを出力したレポートの説明がありました。

1.Compliance report
2.Last 96 hours record - Event indicators/pressure
3.Night calendar
4.Synthesis report
5.Last 96 hours record(2枚)
データはすべて英語、infoseekで英和辞典を検索しながら、奮闘することになるのか…

|

« 睡眠時無呼吸症候群のタイプ | トップページ | 体重差2 »

コメント

1か月分のデータって、どうやってわかるんですか?
私の通っている病院は、月に一回「どうですか?」って聞かれるだけです。
具体的な数値が出るなら見てみたいです。

投稿: penguin555 | 2005/03/11 17:00

CPAP(シーパップ)自体にメモリが搭載され、3ケ月分のデータを確保できるそうです。私の場合は1ケ月目にシーパップを持参してデータを打ち出していただいて、医師からの説明…ということになります。

投稿: 熊次郎 | 2005/03/13 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87973/3240462

この記事へのトラックバック一覧です: 3月検診:

« 睡眠時無呼吸症候群のタイプ | トップページ | 体重差2 »