« CPAPの効用 | トップページ | 体重差 »

睡眠時無呼吸症候群の定義

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何度も止まり、血液と脳内の酸素量が減少して二酸化炭素量が増える状態になる睡眠障害をさします。一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこるか、睡眠1時間あたりの無呼吸が5回以上の場合…と定義されています。
不安を解消するためにK病院で診断を受けたら、定義の10倍以上の無呼吸とわかりました。もうビックリ…

|

« CPAPの効用 | トップページ | 体重差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87973/3149055

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠時無呼吸症候群の定義:

« CPAPの効用 | トップページ | 体重差 »