« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

3月検診のデータ2

【2.Synthsis report】

【10月】cycle:nomal=86%、intermediate=1%、flow limited=13%、invalid=0%
【11月】cycle:nomal=84%、intermediate=1%、flow limited=15%、invalid=0%
【12月】cycle:nomal=82%、intermediate=1%、flow limited=17%、invalid=0%
【01月】cycle:nomal=78%、intermediate=1%、flow limited=21%、invalid=0%
【02月】cycle:nomal=77%、intermediate=1%、flow limited=22%、invalid=0%
【03月】cycle:nomal=81%、intermediate=2%、flow limited=16%、invalid=1%

【10月】Apness/CA=1.2index/h、Hypopness(FL)=2.0index/h、sum=3.2index/h
【11月】Apness/CA=1.3index/h、Hypopness(FL)=1.9index/h、sum=3.2index/h
【12月】Apness/CA=1.1index/h、Hypopness(FL)=1.9index/h、sum=3.0index/h
【01月】Apness/CA=1.1index/h、Hypopness(FL)=2.4index/h、sum=3.5index/h
【02月】Apness/CA=1.2index/h、Hypopness(FL)=1.8index/h、sum=3.0index/h
【03月】Apness/CA=5.8index/h、Hypopness(FL)=4.5index/h、sum=10.3index/h

Cycle statesの中のinvalid cycleが始めて1%と表示され、無呼吸の回数が10回/hを超えた。
早い話、シーパップを装着しているが効果があまりなかった…ということになる。
ただ昼間の居眠りはないが、電車に乗ると眠くなったかな?
次月も同様なら設定圧の変更か…?

※invalidは「病弱な」、「無効な」という意になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月検診のデータ1

【1.Compliance report】

【10月】Period=27days、Utilization days=17days、% average/Period=63.0%
【11月】Period=27days、Utilization days=23days、% average/Period=85.2%
【12月】Period=34days、Utilization days=26days、% average/Period=76.5%
【01月】Period=28days、Utilization days=20days、% average/Period=71.4%
【02月】Period=27days、Utilization days=18days、% average/Period=66.7%
【03月】Period=28days、Utilization days=23days、% average/Period=82.1%

【10月】Total util time=65h24min. Utilization Compliance=3h51min.
【11月】Total util time=86h54min. Utilization Compliance=3h47min.
【12月】Total util time=99h31min. Utilization Compliance=3h50min.
【01月】Total util time=83h31min. Utilization Compliance=4h11min.
【02月】Total util time=65h48min. Utilization Compliance=3h39min.
【03月】Total util time=87h36min. Utilization Compliance=3h49min.

先月は「うたた寝」が多かったので今月は気をつけた。
装着比が23/28で 82.1%と多く、気をつけた成果が数字として現れている。
ただマウス部の装着具合が甘かったのか…息をするとスースーと冷たさを感じる。
(空気が漏れているからスースーを感じる。漏れていなければ感じない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »