« 2007年5月 | トップページ | 2007年12月 »

御福お前もか

赤福餅に形状が似ていることから、赤福偽装問題発覚後に話題を呼び、土産店などで売り切れが相次いでいた「御福餅」、その「御福餅」にも偽装の疑いが出てきた…という記事を読んだ。
26日夜、御福餅本家の小橋社長が、原材料表示順に誤りがあったとして三重農政事務所に自主申告
29日午後、小橋社長が、伊勢保険所に相談
29日30日農林水産省東海農政局と伊勢保険所が立ち入り調査、JAS法違反と食品衛生法違反の疑いで調べているとのこと
① 製造日と消費期限を1日先延ばしして表示(先付け)
② 原材料の表示順が事実と異なる。

30日「おかげ横丁」を観光、閉めてある赤福本店前で写真を撮っている人が非常に多かった。(その中に混じって私も写真を撮りましたが…)御福餅を探し求める同行者もいました。もし買ってたら土産物として渡せるのか?と勝手な想像をしています。

株式会社「赤福」のホームページはトップに「お詫び」を掲載しています。
http://www.akafuku.co.jp/
「御福餅本家」のホームページは現在調査中なのか、投稿現時点では「お詫び」の掲載はされていない。
http://www.mint.or.jp/ofuku/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤福の新たな疑惑

製造日の偽装だけでなく、いったん店頭に並べて売れ残った商品を回収、その後あんと餅に分けて原材料に使っていたことが18日にわかったという記事を読む。製造日の偽装だけの問題ではなくなった感がある。「まき直し」以外に「むきあん」・「むき餅」という社内用語があり、JAS法上の消費期限や食品衛生法にも抵触する可能性が出てくる。三重県は19日から営業禁止処分することに決めた。

今回の発覚は内部告発であり、その段階で売れ残り商品の再利用についての情報も得ていたらしい。18日赤福本社工場の工場長らが伊勢保険所を訪れ説明したとある。ただ12日記者会見で県薬務食品室や伊勢保険所は、「店頭に並べているものを、冷凍、解凍している事例はなかった。」「食品衛生法上の問題はない」としていたのは何故だろう。

昨日(10/18)の天声人語でも「冷凍品がまじる事実を堂々と明かせば…」、「長旅で疲れたお伊勢参りの旅人を癒す餅」という記述があり、なくなってほしくない気持ちだった。12日の記事より今回の方がショックであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤福お前もか

創業300年の老舗「赤福」が商品の消費期限を偽って表示、販売していたとして、農林水産省が日本農林規格(JAS)法に基づき、改善を指示したというニュースを知る。「白い恋人」が問題になった08/20朝日新聞の「天声人語」で、総業300年「製造日限りの販売」の赤福餅を引用していた。「製造したその日限りでの販売」、「作ったその日に味わっていただく」という創業以来の基本理念が掲載されていたホームページは現在「お詫び」ページに変更されていた。
http://www.akafuku.co.jp/

今回気になったキーワードが「賞味期限」と「消費期限」
「白い恋人」の時は「賞味期限」、「赤福餅」は「消費期限」の改ざん
「ウィキペディア」によると、以下の記載があった。

賞味期限とは、加工食品を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、製造者が安全性や味・風味等の品質が維持されると保証する期限を示す日時であり、この表現の期限は、衛生面による問題よりも品質を問う部分に依存するため、主に長期間衛生的に保存できる加工食品に用いられる。製造日を含めて概ね5日以内に急速な品質の低下が認められる食料品については、消費期限で表現される。

JAS法では、原材料名を重量の多い順に記載するよう義務付けている。赤福餅は「小豆、もち米、砂糖」の順に記載しながら、実際は砂糖が最も多かった点も改善を指示したとある。

近々「おかげ横丁」に行く予定だが、赤福本店が12日午前11時すぎに販売を中止し、店を閉じているらしい。
「赤福」は伊勢地方の名物だが、関西土産の定番となっているだけに残念に思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めまい

2日前急にめまいに襲われた。朝食後シャワーを浴びている際、ちょっと驚いた。この状態で最悪…裸だ~とかが頭をよぎり、取り敢えず、落ち着いたら服を着ようと思った。めまいは過去1回、生活のリズムが変わった時に経験している。この時は血圧が異常に下がっていた。

まずはホームドクターの診察を受けた。血圧は正常(ちょっと高めだった)注射を打って、薬を処方してもらった。念のため血液検査もお願いして、本日結果を聞いた。異状なし、ちょっとホッとする。

ドクターからもらった資料に「めまいの起こるしくみ」が以下のように書かれてあった。

人間は眼、耳(内耳迷路)、皮膚や足(深部知覚)などから送られる情報を脳が処理して、体のバランスを保っている。めまいとは、このシステムのどこかに異常が起き、あたかも自分が動いているように感じてしまう症状を言う。

また、めまいの予防対策として以下の記載があった。

1.ラジオ体操、30分の早足散歩
2.便通をよくする
3.午後3時以降の間食は控える
4.寝る前、コップ1杯の水を飲む
5.ふくらはぎマッサージ3~5分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年12月 »