« 赤福お前もか | トップページ | 御福お前もか »

赤福の新たな疑惑

製造日の偽装だけでなく、いったん店頭に並べて売れ残った商品を回収、その後あんと餅に分けて原材料に使っていたことが18日にわかったという記事を読む。製造日の偽装だけの問題ではなくなった感がある。「まき直し」以外に「むきあん」・「むき餅」という社内用語があり、JAS法上の消費期限や食品衛生法にも抵触する可能性が出てくる。三重県は19日から営業禁止処分することに決めた。

今回の発覚は内部告発であり、その段階で売れ残り商品の再利用についての情報も得ていたらしい。18日赤福本社工場の工場長らが伊勢保険所を訪れ説明したとある。ただ12日記者会見で県薬務食品室や伊勢保険所は、「店頭に並べているものを、冷凍、解凍している事例はなかった。」「食品衛生法上の問題はない」としていたのは何故だろう。

昨日(10/18)の天声人語でも「冷凍品がまじる事実を堂々と明かせば…」、「長旅で疲れたお伊勢参りの旅人を癒す餅」という記述があり、なくなってほしくない気持ちだった。12日の記事より今回の方がショックであった。

|

« 赤福お前もか | トップページ | 御福お前もか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87973/16807768

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福の新たな疑惑:

« 赤福お前もか | トップページ | 御福お前もか »