« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »

世相反映の指標

財団法人漢字能力検定協会の「今年の漢字」-2007年は誰もが予想したであろう「偽」
12/11の天声人語に「偽装偽証偽善偽名に偽造あり、偽偽、偽偽、偽偽、と軋む(きしむ)日常」(朝日歌壇)とあった。
http://www.kanken.or.jp/event/index.html

第一生命保険の「サラリーマン川柳」-第20回第一位「脳年齢/年金すでに/もらえます」(満33歳)第二位「このオレに/あたたかいのは/便座だけ」(宝夢卵)
http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/index.html

住友生命保険の「創作四字熟語」-2007年入選作品40編の「年金彷徨」(年季奉公)、「音呼地震」(温故知新)、「湯給休暇」(有給休暇)が印象的であり、上手いと思った。優秀作品10編には入らなかったが…
http://cam.sumitomolife.co.jp/jukugo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクヨ、自社ブランド商品に対して「エコ×マーク」を表示

11日(火)朝日新聞に「コクヨ、エコ不足商品にエコ×マークをつける」という記事を見た。

2008年度版コクヨ総合カタログ(12/13発行)において、環境配慮が十分ではない自社ブランド商品に対して「エコ×マーク」を表示する。今後この取り組みを継続すると共に、2011年以降のカタログ掲載自社ブランド全商品の環境配慮100%の実現を目指すそうだ。

自分の首を自分で締めるような感じに思えるが、エコ対応はよく目にするがエコ×対応はなかった。ただ絵に書いた餅にならないためにエコ×マークの選別基準などは公にしてもらいたい。これがどんどん広まれば、環境も少しは良くなるのかな…でも自社ブランドだから良いが、企業間でのエコ×マークは付けられないのかな?

http://www.kokuyo.co.jp/press/news/20071210-777.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CO2排出枠購入?

11/26の朝日新聞に「日本、CO2排出枠購入」、「ハンガリー余剰分 近く合意」さらに「最大1000万トン200億円」、「削減努力 鈍る恐れ」と見出しにあった。

京都議定書の約束とはいえ、税金を投入して削減努力を先延ばしてよいのかな?という疑問が残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年3月 »