« 世相反映の指標 | トップページ | 天声人語勝手に見出し »

タイヤ圧

セルフのガソリンスタンドで、タイヤに空気を入れようとしたら「kPa(キロパスカル)」表示、しばらくながめてしまった。記憶では2.0~2.4kgw/cm2の設定圧は100倍して、200~240kPaだったかなと思って設定するが、念のため単位換算してみた。

現在はMKS単位系(長さ:メートル m、質量:キログラム kg、時間:秒 sec)を組み合わせた国際単位系(SI)が採択され、JISも完全準拠となっています。国際単位系のkgは質量なので、これをkgwとする「重力単位系」があり、工学の分野では長く使用されています。(2.0~2.4kgw/cm2は重力単位系)

SI単位の力はニュートン N、圧力はパスカル Paが用いられ、今回の表記はキロパスカル kPa
1ニュートンとは、質量1kgの物体に1m/s2の加速度を生じさせる力を指します。
1N(ニュートン)=1kg・m/s2(kgは質量)
9.8×1N=1kg×9.8m/s2(質量1kgに重力加速度9.8m/s2を生じさせる力)=重力単位系の1kgw
重量単位系ではkgw(kilogram-weight)やkgf(kilogram-force)を用いて、質量と区別されています。
9.8N=1kgw

1平方メートル当たり1ニュートンの力がかかる圧力を、1パスカルと定義されているので、
1Pa=1N/m2
9.8Pa=9.8N/m2=1kgw/m2=1kgw/(100cm×100cm)=1/10000kgw/cm2
98000Pa=1kgw/cm2
98kPa=1kgw/cm2
196~235.2kPa=2.0~2.4kgw/cm2

早い話、kgw/cm2をおおよそ100倍したら、kPaになる。記憶は正しかった。

|

« 世相反映の指標 | トップページ | 天声人語勝手に見出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87973/40367837

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ圧:

« 世相反映の指標 | トップページ | 天声人語勝手に見出し »